現在、管理人のテラが使っているアイアンはPINGアンサーアイアンです。発売当初に購入したので2年くらいは使っていると思います。アイアンは頻繁に変える方じゃないです(ドラやウエッジはちょこちょこいじりますw)

購入時の記念撮影↓
画像 082

昨年、鍛造アイアンだし、たまにはライ角ロフト角チェックしようかなとショップへ(さすがに調整器は持ってないです)

測ってみたらどうも不揃いなので番手ごとに並ぶように調整しました。その時は何も疑問に思わなかったのですが・・・

 

後で公式サイトを見ると初めから番手ごとのロフトのピッチはズレているじゃないですか!3I~6Iまでは3度ピッチ、7I~は4度ピッチです。(途中から変わります)

 

日本的な感覚だと途中から変わるのではなく数値が綺麗に揃ったほうが高品質みたいな気がします。しかしPINGはそもそも考え方が違うみたいです。

実際に番手ごとに距離を打ち分けられる事を前提として設計されているのですね。

 

慌てて、カタログスペックに戻しました!

 

実際にコンマ何度の打ち分けが出来るかは置いといて気分的にはgoodです!

これで言い訳が出来ないということにもなりますね(汗)



コメントを残す

トラックバックURL

最新の記事一覧


ページ上部に