去年からずっと違和感が合ったSYB-W411Vの3Wをリシャフトしました。

 

管理人はお金が無いので最新シャフトにしたわけではありません。

ドライバーに入れて抜いた奴がゴロゴロあるのでそれを再利用です。

 

現在は5WプロフォースV2で、

3WがプロフォースV2ハイランチ

 

これがヘッド W411V

IMG_1872

写真写り悪いですが一番右がV2ハイランチ(正確にはハイラウンチ?なんか変なのでランチで書いてます)で今回リシャフト

 

IMG_1856

 

V2で組んだ5Wは調子いいんですが、

V2ハイランチで組んだ3Wはシャフトの能書きとは逆にローランチになることが多い、戻りのタイミングがどうも合わないです。先が走りやすいのか、走る前に当たっちゃう感じでドンピシャのタイミングがシビアな感じです。

 

30分ほど時間があったので、こいつを使ってサクっとシャフト抜き。慣れたものであっという間なんですが、出来るだけ熱を当てたくないので手短に行います。

IMG_1860

 

まだヘッドが暖かいうちにゲジゲジ使ってホーゼルのお掃除完了、後はチップの調整してくっつけて終わり。

 

このヘッドにはアッタスやツアーAD、豪華にクレジーのTJ80なんかも入れてみたのですが結局輸入物の安いシャフトに落ち付きました。

家に転がっていたこれを選んだ。

 

IMG_1864

 

同じプロフォースのHMOIとか言うやつ。これも、PING G20のシャフトと似ててバランスが手元にあります。軽いです65gくらい。

 

ビヨーンの感触がいやで先端(チップ)を1インチ程度詰たので5WのV2に似た感じに仕上がって満足。ちょっと長くしたので5Wと3Wの距離差が出ると思う。

IMG_1874

なんか写真だけ見ると5年以上前の記事みたいですが2012年お正月ですw

 

何故かフェアウエイウッドは古い組み合わせのほうが調子良いこともあって普段はあんまいじらないんですけどね。

 

今年の打ち始めは1/8日のコンペなのでそこで積極的に使ってみます!



コメントを残す

トラックバックURL

最新の記事一覧


ページ上部に