こんにちは、管理人テラです。

2011年のラウンドで印象に残ったコースを紹介します。

 

まず初めは、鷹之台カンツリー倶楽部です。

2011年 第76回日本オープンゴルフ選手権競技 開催コース

管理人テラが回れるコースじゃありません宮様もラウンドされるような名門です。今回は地元の銀行主催のコンペでした。

 

IMG_1554

日本オープンが終わった次の週にラウンドしてきました。

印象として、とにかくラフが深い!フェアウエイが狭い!

 

まあ、管理人のテラにとってはフェアウエイが広くてもラフに行くんですが、とにかくラフの深さと密集度が半端じゃなかったです!

前週にテレビで見た日本オープンでは、参加プロのほとんどがオーバーパーでしたので覚悟はしていたんですが・・・

 

どんな感じかと言うと

 

ラフのボールが見つかりません。

探すとロストボールがいっぱい出てきますw

構えた後にクラブを変えるだけでボールを見失います。

ウエッジでもまともに出ません。8番アイアン?無理です!

ラフの残り100ヤードよりフェアウエイの200ヤードがずっと楽

グリーンが硬いです。ラフから止めるとか絶望的

ラフを避けられるとバーディーも取れるかも?

 

距離はないのでミドルのセカンドはアイアンなんですけど・・・

実際はラフから7~8番アイアンで打つと30ヤードくらい飛んでまたラフ。そこからまた30ヤードの繰り返し。100ヤード進むのに3回はかかるしゃくとり虫状態になります。

安全に横に出せば?と思うでしょうが、いったいどれくらい飛ぶかわからないので、幅10~20ヤードのフェアウエイに置けません。狙っても反対側のラフに行きますw

 

参加されていた方はお上手なベテラン揃いでしたが、みなさんスコアが伸びなかったようです。

 

管理人のテラも調子が良かったのですが90回でした。

 

名門なので服装チェックが厳しいです。

ハイテク素材のアンダーウエアは下着とみなされます。

カーゴパンツもダメです。

おいらみたいなカジュアル派は着るものが無いです。



コメントを残す

トラックバックURL

最新の記事一覧


ページ上部に