どうも、最近パターが入らない。

下手糞なだけとは分かっているがストロークがフラフラするorz

だったら重いパターにすりゃいいんじゃないか?って安易な発想でやってみたのが今回の企画w

犠牲になったのは下のお方

画像 208

スコッティキャメロンの中尺パターのシャフトを途中でちょんぎって普通の長さにしてみました(ほぼ34インチ)

 

なんで中尺を切るかというと通常のヘッドは350g前後ですが、中尺用のヘッドは400gは超えてると思うからです。とにかく中尺や長尺のヘッドは重くできている。これはオデッセイなんかも一緒です。ショップで並べて見るとわかりますが肉厚が分厚い!見た目同じだけど構造が違っています。

コンビの場合はセンター部分のプレートが違いますMIDって書いてあって重そう、サイドのウエイトは15gがついていました。

画像 210

実際に切るところはセパレートされているグリップの部分です。

そこに白いキャップをホームセンターで買ってきてつけたw

これがないとシャフトの穴が塞がらないからです。ちょうど34インチくらいになった模様。

画像 224

早速構えてみると

ぎゃああ、ライ角が超アップライトじゃねーか、このままじゃ使えない・・・

こうなったら伝家の宝刀!膝を使ってシャフトを曲げ!

ベントシャフトの場合曲がっている部分を膝に押し当てグイグイ力を込めると曲がりますw (良い子は絶対真似しないでください)

本当はベンディングマシーンでやるんですが中尺用のシャフトは太くて丈夫そうなので、とりあえずでやってみた。

あんまり力を込めるとシャフトが折れます。もしくはヘッドの取り付け部分が壊れます。最悪怪我しますからやっちゃダメ。

 

出来上がったパターの感想

画像 202

重いです!普通のパターと別物です。

まあショートパットでは安定しますねえ~

だけどロングパットの距離感が合わないっす、重すぎるので距離感が難しい。でも海外のツアーではもっと重いパターを使っているプロもいたっけ。

 

これはもう売ることもできないのでずっと保存します!

次はセンターシャフトに変更しちゃおうかと考え中



コメントを残す

トラックバックURL

最新の記事一覧


ページ上部に