こんにちは!管理人のテラです。

私の場合PINGのクラブを購入する時は必ずフィッティングをしてから注文します。大量生産のほうがコスト的にも流通的にも楽なのにPINGのフィッティングという姿勢が好きなんですよね~

 

今回のドライバーも純正シャフトからカスタムシャフトまで何本も打ち比べてPINGフィッターの名物社長Sさんに相談させて頂きました。

 

最初はアヒナ70Sで注文しようかと思っていたのですが、

結局、これ↓ 純正のTFC330ツアー/Sで決めました!

IMG_1501

PING G20 TFC330ツアー/S ロフト9.5

理由は?

IMG_1497

もともとG20のヘッドは今時のクラブの中では重量級で200gオーバーです。体積も460ccなので通常だとヘッドが効きすぎて振りにくくなリそうなスペックにみえます。ヘッド形状も重心距離が長そうな形をしていますね。

私の場合は重心距離が長いクラブだと余計にヘッドが重く感じてしまいます。例えば同じ重量の鉛テープをヘッドの先寄りに貼るのとヒール側に貼るのでは明らかに先端に貼ったほうが重く感じます。

今回PING純正のシャフトはバット側(グリップ側)に多めに重量配分をしているそうです。つまりカウンターバランスなわけです。一時流行りましたがカウンターバランスでクラブを組むと実際の重量より軽く感じます。普通のクラブでもヘッド側を持って振ると軽いのと同じ原理です。なのでバランスもD2くらいで実際振るとヘッドが重くて振りにくいとまったく感じません。

そんな訳でカスタムシャフトではなく振りやすさとヘッドの性能を引き出したかったのもあり純正のシャフトを選択した次第です。他社の純正シャフトはヤワな感じが多いですが、このTFC330ツアーは結構ハードです!Sでも通常のXくらいに感じます。テラのHSは50付近なんですがシャフトが暴れる感じはしないです。硬いっ!て思う時が多いくらいですw

さてヘッドの方ですがデカイです!そんなにディープじゃないのと色が銀色なので余計そう感じます。(写真は青っぽく写ってます)

しかし構えた感じは嫌な顔つきじゃないです。

 

IMG_1500

フェース自体がストレートで形状も癖のない顔です。クラウンの三日月マークは個人的には無いほうがいいんですが、打つ分には関係ありませんw

秀逸だと思うのは弾き感と方向性です!多少芯からずれてもお構いなしに飛んでいきます。いままでも芯が広いと宣伝していたクラブははありますがここまででは無かったです。ヘッド重量がここで効いてきてるんですかね~?当たり負けしない感覚です。

 

私の場合コンパクトなドライバーから持ち替えていきなり振ると右にプッシュ気味になりました。捕まりが悪いわけじゃ無いですがどちらかと言うと左に行きにくいタイプに感じます。逆に私も含め左が怖い方には安心して振っていけます!

IMG_1498

 

音も甲高くは無いけど初速が速っ!っと感じさせます。

カキ~ンではなく、バシュ~ンみたいな音です。うまく言えないけど悪く無い音ですw

 

弾道は実戦向きな印象です、特別低スピンで飛距離重視のヘッドには感じません。と言っても飛ばないヘッドじゃないのは確かです。

どちらかと言うとスピンが多めでロフトより弾道は高めのです。低スピンのヘッドは当たると飛びますがチーピニストの私には扱いづらいです。このくらいのスピン量のほうが安定します。

ラウンドでは一発の飛びより安定性なので現在は絶対的なエースドライバーになっています。

 

最後になりましたが、このドライバーは安いです!

定価が35,000円!普通のドライバーの金額で2本買えますw

ロフト違いを用意しようかな?

USAモデルだとかなり安く買えますね



コメントを残す

トラックバックURL

最新の記事一覧


ページ上部に